忍者ブログ
[1471] [1470] [1469] [1468] [1467] [1466] [1465] [1464] [1463] [1462] [1461]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

予定通り明け方に目を覚ます。

明け方と言っても冬だ。
真夜中と暗さも寒さも変わらない。
薄目で、暗くて見えない天井を見上げる。
起きなくては。
でももう少しぼんやりしてから。

シーツから出た頬に触れた空気が冷たくて一度身震いをした。
今日もまた寒い。
寒いからってランニングはサボらない。サボれない。
スタンドで闘えない私はせめて足手まといにならぬよう地道に鍛えるしかないのだ。
一念発起。
そっとシーツを動かさないようベッドの縁まで慎重に移動する。
そこからすべり落ちるように床へと降りた。
もう慣れてしまった行動、
一緒のベッドで眠る相方をなるべく起こさないように。


用意していたランニング用の服を着込む。
髪をゴムでまとめて、ベッドを振り返った。
起きなくても、返事がなくても、出掛けるときは声をかけろ。
スクア一ロが提案した同居のルール。
しゃがんで、スクア一ロのなるべく近くで小声で言った。


「…今日も行ってきますね」

「ん」

もぞっと動いたと思ったら、シーツから左手が出てきて、頬に当てられた。

「…冷えたなティッツァ。」
「君の手はあたたかいな」

細くて案外と長い睫の間から少し青色がこちらをのぞく。

「…今日もさみぃなぁ…」
「ええ、だからもう手をひっこめるのをおすすめします。君も冷えてしまうぞ?」

左手は頬から離れ、かわりにベッドをポンポン、と寝起きの力でかすかに叩いた。



「走り終わったら入ってこいよ」



他人の温度であたためられたベッドは、ひどく魅力的だ。
苦笑がもれる。

「汗臭いから、シャワーのあとなら。」


スクア一ロが口の端を一瞬上げて、目を閉じた。
さあひとっ走りしてくるか、
あたたかいベッドのために。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ぶろぐ。
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/28 なかぎり]
[05/12 ひこ]
[05/12 ひこ]
[05/07 魔王]
[04/14 中桐]
最新記事
(03/09)
(03/09)
(03/09)
(06/15)
(06/15)
プロフィール
HN:
アキヒコ
性別:
非公開
職業:
漫画科専門学校生
趣味:
マニアックな調べもの
自己紹介:
まぬけな二足歩行
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
忍者ブログ [PR]