忍者ブログ
[1555] [1553] [1554] [1552] [1551] [1550]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

柳沢が引きこもって4日目になるかならないかの夜、柳沢と僕の部屋を隔てる薄い壁をノックした。

「起きてたらエロ本貸して」

ブフッとふきだす音と、続けて「お前はあほだーね」が聞こえてきた。

「窓」
とそっけなく言われたので、窓を開ける。隣の柳沢も窓をあけたようで、エロ本を持った手が伸びてきた。

「サンキュ」
「汚すなだーね」
「うん」

窓から身を乗り出した柳沢が見えた。
暗くて表情までは見えない。

「……夏の大三角ってどれだーね」
「知らない」

夏の夜空に光る星。
意外と東京も見えるんだーねと柳沢が言った。
「柳沢の故郷は?」
「星しかないだーね」
「山?」
「両方。瀬戸内の、地味な田舎だーね。」
「ふうん」
「千葉は?」
「ここ以上柳沢の故郷未満かな」
「ほう」
「…医学、学びながらさ」
「おう」
「テニスしなよ。できるよ。」
「…おう」
「だからいい加減進路調査書提出しなきゃ教室の黒板の柳沢の名前消えない」
「……おう…」
星が瞬く。
「淳は」
「うん」
「後悔した?」
「してる、今も、たまに」
「………」
「亮じゃなくてはじめて僕だけを誘われて、うかれていったら間違われてて、髪も切られるし」
「OH…ヘビーだーね…」
「たまにあのナルシスを殴り倒したくなることもあるけど、それも含めてさ」
「おう」
「僕ルドルフ好きだからさ」
「…おう」
「後悔しても、いつも、まあいいかって結論になるんだ」

柳沢から相づちはなく、
夜空に星がひとつ、流れた。

「明日学校いくだーね」
「もう0時まわってるよ」
「…今日」
「うん、待ってた」
「…ありがとう、おやすみ」
ピシャリときこえて、あわてて隣を見たけれど柳沢はもう窓を閉めてしまったらしい。
柳沢にしては驚くくらい滑舌のいい謝礼だった。


網戸だけ閉めて、蚊何匹かと闘ってから、僕も布団にはいった。

六角にいたころは、負けても勝っても笑えていた。
負けたやつはみんなで敗因をからかいながら、勝ったらまるで王様になったかのように天狗になって家路についていた。
泣くなんて思いは、ここにきてはじめてしたのだ。
観月さんは荒れて、金田も柳沢も凹んだけれど、僕はそれが嬉しい。
泣くほどルドルフを好きになれて嬉しい。
泣くほど君たちを好きになれて嬉しい。


夜風の心地よさにすべるように眠りに落ちた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ぶろぐ。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/28 なかぎり]
[05/12 ひこ]
[05/12 ひこ]
[05/07 魔王]
[04/14 中桐]
最新記事
(03/09)
(03/09)
(03/09)
(06/15)
(06/15)
プロフィール
HN:
アキヒコ
性別:
非公開
職業:
漫画科専門学校生
趣味:
マニアックな調べもの
自己紹介:
まぬけな二足歩行
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
忍者ブログ [PR]